このエントリーをはてなブックマークに追加

Aug

23

【夕方開催/開発責任者登壇】新規事業開発のカオスを乗り切る方法とは?プロダクト開発の苦労話をします!

Organizing : TOWN株式会社

Registration info

オンライン参加

Free

FCFS
1/6

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)

Description

イベントの概要

新規事業開発やプロダクトマネジメントの苦労話をテーマにトークします。

当社の開発事例にも触れながら、プロダクト開発における苦労話についてざっくばらんにトークを繰り広げる場にしたいと思います。

私たちは、創業時においては受託開発を中心とした事業展開でしたが、2013年に自社サービスに事業転換して以降、一貫して自社プロダクトを作り続けています。 新規プロダクトの開発にも取り組んでおり、2019年にサブスクリプション請求管理SaaS「KIMERA」をリリースしました。

https://kimera.jp

新規事業の開発には苦労がつきものです。 実は、KIMERAはプロジェクト開始から半年という期間で製品を作ってリリースまで行いました。 (もちろん、製品のアップデート開発は現在まで繰り返し行っています)

KIMERAの製品化を実現し、事業としてスタートを切ることができたのは、自社サービスを繰り返し作り続けてきたことで蓄積されたプロダクトマネジメントのノウハウがあったからこそであると考えています。

当日は、KIMERAのプロダクトマネジメントを手がける事業責任者がトークゲストとして参加いたします。 新規プロダクトの開発について興味がある方であれば、どなたでも気軽にご参加ください。

トークゲスト

古森 貞(2004年 TOWN株式会社創立)取締役 KIMERA事業責任者

創業メンバーとしてTOWNが手がけた全てのプロダクト立ち上げに携わってきたエンジニアであり、現在は「KIMERA」の事業責任者として多忙な日々を送る。

インタビューブログ公開中:https://town.biz/blog/1944

気軽なウェビナー形式で

ながら聞きでのご参加OKです。ご自宅でも、オフィスの自席でも気軽にご視聴いただけます。 お仕事終わりの時間に開催しますので、少し力を抜いてリラックスしながらトークしましょう!

開催概要

【日時】
2022年8月23日(火)18:30 〜 19:30(所要時間60分程度)

【実施方法】

Zoom (お申し込みいただいた方に個別にURLをお送りします)

【内容】

  • ご挨拶&トークゲストご紹介
  • 社内のエピソードを交えてテーマにまつわるお話をいたします      
  • 質疑応答、クロージング

【その他】

  • ながら視聴のご参加でOK!お仕事終わりのタイミングで気軽にご参加ください!

  • カメラONでご参加可能でしたらぜひお願いいたします!
  • 飲食しながらの参加もOKです!もぐもぐしながらトークしましょう

【こんな方は是非!】

  • 新規事業の開発に興味がある人
  • 開発のプロダクトマネジメントのことで情報交換したい人
  • 現職の開発体制を改善したいと考えている人
  • 自社サービス開発に興味がある人
  • TOWNのことがちょっと気になっている人

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

ShigehiroNagasawa

ShigehiroNagasawa published 【夕方開催/開発責任者登壇】新規事業開発のカオスを乗り切る方法とは?プロダクト開発の苦労話をします!.

08/16/2022 09:51

【夕方開催/開発責任者登壇】新規事業開発のカオスを乗り切る方法とは?プロダクト開発の苦労話をします! を公開しました!

Group

TOWN

TOWN株式会社のイベントページです。

Number of events 28

Members 97

Ended

2022/08/23(Tue)

18:30
19:30

You cannot RSVP if you are already participating in another event at the same date.

Registration Period
2022/08/16(Tue) 09:00 〜
2022/08/22(Mon) 19:00

Location

オンライン

オンライン

オンライン

Organizer

Attendees(1)

m-h-b

m-h-b

【夕方開催/開発責任者登壇】新規事業開発のカオスを乗り切る方法とは?プロダクト開発の苦労話をします! に参加を申し込みました!

Attendees (1)